ヤギときどき野菜

ゆるく生きるお百姓です。人にも環境にも優しくありたいと思っています。ヤギ飼いは父です。名をヤギじぃと言います。フリースクール&放課後塾もしています@三重県桑名市大貝須

百姓兼イラストレーターとして

自宅安静の指示は突然に。

 

「ずーっと家で寝ててください」

 

さかのぼること3か月、いつものようにと気負うことなく出かけた妊婦検診で「切迫早産」と診断され、主治医からは「家事も育児も全部旦那さんや親御さんに頼って、あなたはとにかく寝ててください」と言われました。

 

畑に出られない日々が突然始まりました。

 

2020年3月末は新型コロナの影響で社会が混乱していたまさにピークのような時期で、「密を避ける」という点から、広々とした畑での作業は気分転換にもなり、様々な人に野菜の栽培を楽しんでもらえるようにPRできる絶好の機会でした。

 

そんなワクワクも打ち消され、なんでこのタイミングに自宅安静なんだ…とかなり落ち込みましたが、その後いよいよ入院になったときには畑のことも、シェア菜園のことも、家庭菜園をPRすることも潔く諦めることができました(逆を言えば、そうしなければ精神的にきつかった)。幸いなことに経過も良好で、先生のご厚意もあり7日間の入院で済ませることができました。

 

ただ、昔からPCを触るのが好きで、ヤギときのチラシやロゴなんかも手作りしていたので「外に出られない」変わりの趣味として「お絵描き」を始めることができました。

 

※ちなみに、この時期コロナの影響で入院中の面会は一切できませんでした。そこを先生も考慮してくださり、容体も落ち着いていたこともあって、7日間で退院することができました(帰れたからって動いちゃだめだよ、と釘は刺されました)。

 

 

あたらしいPCがやってきた

 

実はかれこれ2年ほど、月に1~2件のチラシのデザインなどをクラウドワークスで請け負っており、報酬を少しずつ貯めていました。そう、新しいPCを購入するために…!

 

コツコツ貯めた甲斐あって、ちょっと高スペックかつおしゃれ(←モチベーション維持のために重要視)な薄~いラップトップ(hp ENVY)を入手。これがまたスイスイサクサク動いてくれます。神…!

 

これまで使っていたのは大学で卒論を書くのに使っていた10余年選手で、新しいものに慣れてから古い方を使うと、待ち時間が100倍くらいに感じます。ほんとよく働いてくれたよDELLくん。ありがとう。

 

そして新パートナーをいじり倒す。楽しい…!

 

 

やっと始めることができたよストックイラスト

新パートナーを得てからは、作業効率も上がり、月1~2件だったチラシデザインも4月5月は合計12件ほどこなせるようになりました。

 

そして締め切りのある仕事だけじゃなくて、自分のペースで資産になるものを作ろうということでストックイラストを始めたのが6月末です。

 

いやーこれが楽しい。クリエイティブ。

脳みそ刺激されてるのがすごくよくわかる。

 

まだまだ素人じみたものしか描けていませんが、これから味のあるイラストへとブラッシュアップしていく上でコツコツとでも描き続けることが大切だと思うので、数年後に見たら「うわ!恥ずかし!」と感じるかもしれないけれど、作品を公開していこうと思います。

 

というわけで第一弾。スイカ

 

 

66831022
 
 
夏はすぐそこ~なので、本来はいまこれ登録しても遅いくらいなんだけども。
いびつな丸い形と、不自然な種の角ばった感じがお気に入りです。
 
 
 
目標は2020年中に各サイトへの登録点数1,000枚かなぁ。1日5枚くらいかかなあかん。あれ、これ赤ちゃん生まれてからは無理かもしれない。笑
 
でもできることからコツコツと!
 
そして畑への復帰もできるだけ早く、やっていきたいなぁ。
 
 
ヤギときさんどこに向かうの???って感じかもしれませんが、あれもこれもやりたくなってしまう欲張り百姓なので、子ども育てながら、野菜育てながら、絵もかくというライフスタイルを送るというだけです。
 
がんばります~!
 
あ、ちなみにイラストレーターとしての名前はイトウハナコだよ。ふふふ。よろしくお願いします。
 
 

(c)イトウハナコ - イラスト素材 PIXTA -

ご報告

おはようございます。
すっかりご無沙汰してしまいました。

 

先日(といっても4月上旬)、InstagramFacebookには投稿したのですがこちらのブログではお知らせしないままとなっていたことに気づき、慌てて更新している次第です。

 

下のインスタにもある通り、現在妊娠中です。

そしてなんとも残念なことに切迫早産の診断が下り、自宅安静を余儀なくされております。

 

※なじみのない方はびっくりされるかもしれませんが、切迫早産=早産が差し迫った状態のことで、この時点で母体や胎児に何か大変なことが起こっているというわけではないです。少なくとも妊娠34週までは、赤ちゃんはお腹の中にいてくれた方がいいので、早産にならないように対処しましょうね、という状況です。

 

かれこれ3月の終わりからこんな調子でして、

心も体も元気なのですが、まだまだ赤ちゃんには出てきてもらっては困るため、じっとしているしかない状況です。

 

もちろん、畑仕事なんてできるはずもなく。

なんなら3歳の我が子の相手すらままならず。

 

ただ、新型コロナウイルスの影響で夫の仕事に少し時間的なゆとりができ、私の代わりに畑に出向いてくれています。

一回完全に諦めましたが、春夏野菜も順調に収穫を迎え、シェア菜園の方々にも引き続き楽しんでいただけていることに感謝感謝です。

 

そんなこんなで、まだ体が動いたときに植えたソラマメやスナップエンドウも豊作、ニンジンも甘くて味の濃い出来のいい子たちがたくさん採れました。

 

シャキシャキのレタスも、歯ごたえのいいズッキーニも収穫が始まっています。

 

私が畑に復帰できるのはきっと暑さがまだ残る9月ごろになるのかな、と予想していますが、少しずつできること・やりたいことを整理準備して、またたくさんの方にヤギときの野菜たちを手に取っていただけるようにしたいと考えています。

 

これからもどうぞよろしくお願いします!

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

【しばらくお野菜の栽培と販売をお休みします】 突然のご報告ですが、この夏、コビトがお兄ちゃんになる予定です👶🏼何度かの悲しい出来事を乗り越え、ようやく授かれた命です。大切に大切に過ごしてきたつもりでしたが、先日切迫早産の診断となりました。 それに伴い、畑仕事はおろか、入院を避けるためにはトイレと食事・シャワー以外はベッドで横になっていなくてはならず、実家に居候しています。 本来なら毎回畑に足を運ぶ度に野菜たちの成長がわかり心躍るこの季節に、野菜づくりをストップせざるを得ない状況となり、なんとも歯がゆい毎日です。 おそらく畑への復帰は、無事に出産を終え、体力を戻してからになるかと思います。 (そこから栽培を再開したとして、販売できるようになるのは早くて晩秋の頃でしょうか...) . . 販売の連絡やワークショップの開催を心待ちにしてくださっている方からのご連絡、とてもありがたく頂戴しました。 . . 「ヤギとき」ではなく父の「山本農園」名義ではありますが、ヤギ堆肥を使ったお野菜はいなべの「ふれあいの駅うりぼう」さんに納品しています(毎週土曜の午後)。 こちらは祖母の作った野菜たちです。ほうれん草や春菊、タラの芽やパクチーなど出しておりますので、もしよろしければご利用ください😊 また、毎年開催していましたサツマイモの植え付けイベントをはじめとするワークショップに関しても、当面お休みとなります。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。 最後に。世界中で新型コロナウィルス COVID-19が猛威を奮っています。 妊婦はお腹の子を異物とみなし攻撃してしまうことのないよう、免疫力が低下するようになっているそうです。 早産リスクのある私がもし感染してしまったら...そして、そのままお産に至ってしまったら...分娩時だけでなくその後の医療に携わるスタッフの方々に感染させるかも知れない。ひとつの病院を一時的にでも閉鎖させることになるかも知れない。後に出産を控えた方々や治療の必要な赤ちゃんたちが行く先を奪うかも知れない。 そんなことを考えると恐怖です。 また、実家には90歳を超えた祖母もおります。ヤギじぃなんかヘビースモーカーです。 どう考えても家族の誰一人として感染できません。 でも、どのご家庭もきっとそうではないでしょうか。「うちは罹っても平気」なんて、そんな方いらっしゃらないと思います。 自粛疲れなんて言葉も出てきていますが、医療崩壊を防ぐため、重症者のケアを優先するため、それぞれができることを考え、乗り越えていくしかないんだろうと思います。 コビトは今月から年少生活がスタートする予定でしたが、とりあえず4月いっぱいは幼稚園をお休みします。コロナ感染のリスクヘッジの意味合いもありつつ、私がいつ入院してもおかしくない状況なので、存分に一緒の時間を過ごそうかと😊 いまは、家族揃って笑顔で赤ん坊を迎えられる日をただただ待ち望んでいます。 日頃応援してくださる皆さんの元へも、早く平和な日々が訪れますように。 長い長い文章、最後までお読みいただきありがとうございます😌 ヤギときどき野菜 いとうかよ

ヤギときどき野菜(@yagitoki)がシェアした投稿 -

2020年体験農園参加者募集のお知らせ

f:id:yagitokidokiyasai:20200129162237j:plain

2020flyer


早いもので、1月も終わろうとしていますね。

今日の桑名の気温は昼間で15℃。

春と勘違いしてしまいそうな陽気の中、

畑ではハクサイの花が元気に咲いています。

 

さて、畑作の暦では3月は新しい年の始まりです。

そこで、次年度の体験農園の参加者を募集します。

 

春夏のみのお試しでしたら5,000円/月で8月まで、

1年コースでしたら初年度4,000円/月で2月いっぱいまで。

さらに次年度継続の場合は2,000円/月になります!

 

初年度の費用が高いのは、

農薬を使わない代わりに虫の侵入を防ぐ「トンネル」や「支柱」

そして収穫量をあげる「マルチ」などの資材を購入するためです。

 

実はこれらの資材は消耗品ではありますが、

できる限り長く使って行きたいと考えておりますので

毎年の買い替えは最小限に、

できるだけご家庭のご負担を少なくするよう努めています。

 

今年は

ピーマン4種、トマト3種、ナス3種など

夏野菜も食べ飽きないよういろいろな種類にチャレンジします。

 

また、好評いただいているレタスや

ブロッコリーも育てます。

 

家庭菜園のご経験のある方もない方も、

長靴ひとつでご参加いただけます。

 

ご興味のある方はご連絡ください(^^)

 

〆切は2月末日です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

アスパラ菜の収穫が始まりました

10月の温かさでしっかり育ち、

播種から1ヶ月で早くも収穫を迎える子たちがいます。

f:id:yagitokidokiyasai:20191111154114j:image

じゃーん!!アスパラ菜〜!

続きを読む

搾乳体験・子ヤギへのミルクやり

ミルク搾り【随時・全天候型】

f:id:yagitokidokiyasai:20191110085257j:plain

手搾りでの搾乳体験です。800ml程度のお土産(搾り立てヤギミルク)つき。

参加費

 500円/組
※蓋のできる容器(水筒など)をご持参ください。
 ガラス瓶ですとそのまま湯銭で消毒ができ、便利です。


土曜日を除く、朝9時頃の実施予定です。
以下の内容をメールもしくはLINEよりお知らせください。

  1.ご希望日

  2.お名前(代表者)

  3.参加人数

  4.希望のお土産数(1つにつき500円の参加費を頂戴します)


※ご連絡を頂いたのち、24時間以内にお返事します。
 場所の詳細はその際にお伝えいたします。

 

続きを読む